オイルヒーターとは?燃料は何を使うの?灯油?電気代は高い?

 

部屋の暖房としてオイルヒーターの購入を検討している人も多いと思います。

空気がキレイで安全に使えるということで、たしかに暖房器具として魅力ではありますが、燃料やコストの面が気になるのも事実です。

実際のところ、オイルヒーターの燃料は何で、コストはどれくらいかかるのか。

今回はそれを調べてみました。

 

 

オイルヒーターとは?どういったもの?

 

オイルヒーターとは?燃料は何を使うの?灯油?電気代は高い?

 

そもそも、オイルヒーターがどういった仕組みで温まるのでしょうか?

また、それがなぜキレイな空気に繋がるのでしょうか?

オイルヒーターとはあらかじめ本体の中にオイルが入っています。

電源を入れるとこのオイルが過熱されて熱を出すようになり、その熱によって室内が暖まるという仕組みになっています。

何かを燃やす訳ではないのでガスが出るようなことはありませんし、乾燥もしません。

また、エアコンや温風ヒーターや風力で熱を飛ばしますが、その際、室内のホコリやチリも巻き上がてしまいます。

それに対してオイルヒーターは、風力を使わないので、室内のホコリやチリを巻き上げるようなことはなく、キレイな空気のままで使用することができます。

その他、触ってもヤケドしないので、安全でもあります。

赤ちゃんがいるご家庭などではオイルヒーターは丁度良いかもしれませんね。

 

 

オイルヒーターの燃料は何を使うの?灯油?

 

オイルヒーターとは?燃料は何を使うの?灯油?電気代は高い?

 

オイルヒーターの動力ですが、それは通常の家庭用電源です。

一般的な家電製品と同じように電気で使用することができます。

オイルヒーターという名前から灯油を使うのかと思われがちですが、それは加熱のためにオイルを使用するということであって、動力はあくまでも電気なのです。

都会のマンションなどでは灯油を使った暖房器具は使用禁止となっているところが多いのですが、オイルヒーターなら電化製品ですから使用に問題はないですね。

 

 

Sponsored Link


オイルヒーターのランニングコスト!電気代は高い?

 

オイルヒーターとは?燃料は何を使うの?灯油?電気代は高い?

 

オイルヒーターの動力は電気ですが、そうなると電気代が気になりますよね。

何しろ夏の冷房よりも冬の暖房の方が電気代がかかりますし、、、

そこで一般的な暖房器具とオイルヒーターの電気代を比較してみました。

もちろん各機器の性能や使用環境などで電気代は大きく変わってきますが、上の表をみると、それを考慮してもオイルヒーターの電気代は安いとは言えないようですね。

メリットの多いオイルヒーターですが、実は電気代が高いのがネックなんですよねぇ^^;

電気代が高くてもクリーンで安全なオイルヒーターを選ぶか、エアコンやハロゲンヒーターで節約していくか、、、

各家庭の考え方次第のようですね。

 

 

Sponsored Link


まとめ

 

室内のホコリやチリを巻き上げない、乾燥しない、安全といったメリットのあるオイルヒーターですが、その分、電気代が高いようです。

節約好きの人には向かないかもしれませんが、少しでも快適な環境で暮らしたいという人にはとてもよい電化製品だと思いますよ。

 

Sponsored Link






Sponsored Link



あなたへのオススメ

関連記事  ビットコインが11月に再分裂問題?わかりやすく解説、今後消滅?

関連記事  大学生のクリスマスデートプラン!彼女が喜ぶおすすめスポット!

関連記事  北朝鮮のミサイル発射で戦争になる可能性!開戦はいつ?戦争秒読み?

関連記事  二階堂ふみ、ゴチ降板はあくまで卒業!理由はドラマ!干された?

関連記事  羽生結弦の怪我の状態はどう?平昌オリンピック代表として活躍できる?

 

こちらも人気

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link