アマゾンエコーとは?何が出来るの?日本発売の種類、価格や使い方!

 

通販サイトであるAmazonから発売されているAIスピーカー「Amazon Echo」(アマゾンエコー)が11月13日週から日本でも購入できるようになりましたね。

何だか便利そうな気もしますが、どうやって使うのかよく分かりません。

そこで今回は、アマゾンエコーについてご紹介します。

 

 

アマゾンエコーとは?今流行のAIスピーカー?

 

アマゾンエコーとは?何が出来るの?日本発売の種類、価格や使い方!

 

ここ最近、AIスピーカーというもの良く耳にするなりましたよね。

どうやら話しかけて指示を出すと、その指示を実行してくれるスピーカーのようです。

LINEが8月に「Clova WAVE」を、グーグルが10月に販売を開始した「Google Home」などがありますが、この11月からAmazonによる「アマゾンエコー」が発売になっています。

映画「バックトゥザフューチャー2」で主人公が未来の世界にタイムトラベルした時、話しかけて指示を出すと起動する家具が描かれていましたが、それに近い機能といえるでしょう。

いやぁ、科学の進歩ってすごいですね!

 

 

アマゾンエコーとは? 何が出来るの?

 

アマゾンエコーとは?何が出来るの?日本発売の種類、価格や使い方!

 

アマゾンエコーに搭載されているAIは「アレクサ」というようです。

考え方はIphoneのSiriみたいなものですね。

「アレクサ」に指示を出すことで音楽が聞けるのは勿論の事、今日の天気、ニュース、鉄道の運行案内、回転すしのスシローの予約など、265種類のサービスを受けられるそうです。

もちろん、今後どんどんサービスは増えていくでしょうから、最終的には家の中からリモコンやスイッチが無くなるかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link


アマゾンエコー、日本発売の種類と価格は?

 

アマゾンエコーとは?何が出来るの?日本発売の種類、価格や使い方!

 

そんな超便利アイテム、アマゾンエコーですが日本で発売されるのは表のように3種類あります。

最終的に家電までアマゾンエコーで操作したい人はスマートハブ機能があるAmazon Echo Plusがいいかもしれませんね。

逆に、音楽が聞ければよいという人は最安値のAmazon Echo Dotでもいいかもしれません。

 

 

Sponsored Link


アマゾンエコーの使い方!

 

アマゾンエコーとは?何が出来るの?日本発売の種類、価格や使い方!

 

さて、アマゾンエコーの使い方ですが、スマホで言う所の「アプリ」に相当する「スキル」を追加することで機能を増やすことができます。

スキルはスマホアプリ「Amazon Alexa」から追加可能で、例えばJR東日本のスキルを追加すれば電車の運行状況を聞くことができるようになり、食べログスキルを追加すればおすすめの飲食店を調べたりすることができます。

これらはすべて「アレクサ、○○して」と指示を出すことで実行され、停止させたい時は、「アレクサ、停止」または「キャンセル」「ストップ」などと声をかけると停止します。

ということは、アレクサという名前のペットを飼っている家庭では大混乱になりそうですね 笑

 

 

Sponsored Link


まとめ

 

今のところ、あまり多くのことは出来る状態ではないAIスピーカー。

アマゾンエコーはその中でも、アマゾンと連携して必要なものを購入するということが今のところ大きな頭頂なるでしょうね。

今後は、スキルを追加することで、更に複雑な事ができるようになってゆくのでしょう。

そして、購入したそのスキルが成長すると、更に高度なことが出来るようになったり、関連する高度なスキルを覚えたり・・り・・・

そのうち、「うちのアレクサは○○が出来るようになったよ」、「うそー!すごーい!あのスキルを覚えたんだ・・」なんていう話が行われるんでしょうね・・・(笑)

なんだか未来は楽しそうです!

 

Sponsored Link






Sponsored Link



あなたへのオススメ

関連記事  ドローンの操縦士免許資格を取るには学校が最適?取得費用や仕事は?

関連記事  Wanna Oneのメンバーの呼び方とカラー!日本ファンクラブ入会方法!

関連記事  山本彩はギターが上手い?腕前は?コレクションのメーカー種類!

関連記事  グーグルホームとは?ミニの使い方や価格、設定方法!できることは?

関連記事  おしゃれな30代に人気のメンズビジネスコート!おすすめの種類は?

 

こちらも人気

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link