体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

日本女子体操界が揺れています・・・

体操女子強化本部長の塚原千恵子が宮川紗江選手に対して行ったパワハラ。

自らの利益のためにオリンピックのためにコーチと共に頑張って来た、18歳のトップアスリート、そしてご家族やコーチの事を考えると、その身勝手な振る舞いに激しい怒りを抑えきれません。

一体体操女子強化本部長とは何なのか・・・・

そして、塚原千恵子が宮川紗江選手に対してパワハラを行った理由と、その背景にあるものは一体どういったものなのでしょうか?

大人の都合、しかも日本を背負っている体操女子強化本部長という職にありながら自らの権力と利益のために選手ファーストではなく、自分ファーストの行動を行っている塚原千恵子について掘り下げてゆきたいと思います。

 

 

体操女子強化本部長とは?

 

体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

塚原千恵子は公には2つの顔があります。

1つは、日本体操協会の常務理事そして女子体操強化本部長。

そして、もう一つは、朝日生命体操教室や朝日生命体操クラブを運営する塚原体操センターの副校長。

今回問題となっている立場は、日本体操協会の女子体操強化本部長としての顔ですね。

では、その体操女子強化本部長とは・・・?

以下の日本体操協会の理事名簿を御覧ください。

 

体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

 

日本体操協会ですから、日本の体操競技を取りまとめる最高組織であるはずです。

以下は日本体操協会の組織図です。

 

体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

その体操女子を強化してゆくための本部長、即ちオリンピックなどの国際大会に向けて日本の女子体操のレベルを強化する最高責任者たる地位にあるのが塚原千恵子です。

会社で言えば、取締役的な位置づけで、選手強化の全権を任されているような位置づけだと考えれば分かりやすかと思います。

そういった立場にある塚原千恵子が、今回パワハラ騒動を起こしてしまったわけですね。

 

さらには、日本体操協会の副会長の職についているのが、塚原千恵子の夫である塚原光男です。

夫婦揃って日本の体操会に大きな影響力を及ぼしていると言えます。

 

 

 

塚原千恵子がパワハラをした理由を考察

 

体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

今回の塚原千恵子のパワハラ騒動、どこにパワハラをしなければならない理由があったのでしょうか?

実は伏線があります。

それは、宮川紗江選手のコーチとして宮川選手とともに歩んできた速見佑斗コーチの暴力行為。

指導中に速見コーチが宮川紗江選手に対して指導中に暴力行為を働いたという内部告発と、その内部告発に対しての日本体操協会の厳格すぎる処罰。

処罰の内容は無期限の登録抹消やナショナルトレーニングセンターへの出入り禁止という非常に重いものでした。

日本体操協会の副会長を塚原千恵子の夫塚原光男が務めている事を考えると、処罰の重さにも何らかのバイアスがかかっている可能性も否定できません。

そして何より、この内部告発がそもそも悪意を含んでいる・・とワタシは考えました。

ワタシ的に、この一連の騒動は、将来性のある宮川紗江を塚原千恵子が副校長を務める塚原体操センターへ引き抜こうとしたことが発端であると考えています。

 

体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

そのためには、現在の速見コーチと宮川紗江を引き離す必要があった。

引き離すための工作として「暴力行為」という告発を行ったのではないかと言うこと。

 

その根拠は、宮川紗江も会見の際に明らかにしていますが、不事前な出来事がいくつも起こっていたということ。

  • 体操女子強化本部長の塚原千恵子と副会長の待つ部屋に呼ばれ、暴力行為があったことを認めろと詰問されたこと
  • 私なら(塚原千恵子)なら速見の100倍は教えられる・・
  • これからも速見コーチと家族と一緒にやってゆくと答えたところ、宗教みたいだと高圧的に言われ、オリンピックに出れなくなるとも言われた
  • 速見コーチの処遇が決まっていない段階から、速見コーチとは練習できなくなると強化本部長付きの人から言われた
  • 朝日生命で練習できる、朝日生命の寮も1つあいている、と言われた

 

これは明らかに、自身が副校長、そして夫である塚原光男が校長をしている塚原体操センターが運営する朝日生命体操クラブへ引き抜こうとしている行為だと考えられます。

要するに、将来性のある宮川紗江を朝日生命体操クラブへ引き抜き、宮川紗江の功績は朝日生命体操クラブの功績、即ち塚原体操センターの功績にしようとしたのだろうと考えられます。

 

そして、その朝日生命体操クラブへ引き抜きを行う為には、本人から朝日生命体操クラブへ入るという承諾なりをとらねばならない。

ここにパワハラの理由が存在しているのだと思います。

18歳の子供だと思って、強く言えば言うことを聞く、と踏んだのでしょう。

強引に朝日生命体操クラブへ入れようとしたことが、結果的にパワハラとして逆に暴露されてしまったわけですね。

 

 

Sponsored Link


塚原千恵子は宮川紗江を手に入れることが出来るのか

 

体操女子強化本部長とは?塚原千恵子が宮川紗江へパワハラの理由!

 

残念ながら、話がここまで大きくなってしまった以上、宮川紗江が現体制の朝日生命体操クラブへ入ることは無いでしょうね。

これまで、速見コーチと二人三脚でやってきたわけだし、これからもそうありたいと願っている宮川紗江にとっては、非常に大きなビハインドです。

今回の件を受けて、宮川紗江は精神的に不安定な状態になり、世界選手権代表合宿への参加を取りやめるなど、体操選手としての活動に支障が出てきています。

今後も速見コーチが復帰しないとなると、速水コーチと共にオリンピックで活躍する事を夢見て頑張ってきた、トップアスリートの夢を、大人の事情で摘んでしまうことになります。

そんな事は絶対にあってはなりません。

夢を見て頑張っている少女の、そしてご家族のこれまでの献身的な協力を、一方的に破棄させるようなことがあってよいのでしょうか・・・

絶対に認めたくない・・・ワタシはそんな気持ちでいっぱいです。

 

宮川紗江に対して日本体操の現役選手及びOB選手から続々と支援と支持の表明が行われています。

これが何を意味しているのか・・・

8月31日に池谷幸雄が「バイキング」に出演し、号泣していました。

速水コーチが、憤りの感情が渦巻く中で、本来なら戦うべき局面ですが、宮川紗江選手のことを第一に思い、東京地裁への地位保全申立を取り下げることを発表したこと対して、思うことが逢ったのだと思います。

本来ならば、徹底的に裁判をして白黒はっきりしたいところでしょう。

しかし、そうすることで、判斷が伸びその間宮川紗江の練習に支障がでる・・と考えたのでしょう。

これまで一緒にオリンピックで活躍する事を夢見て頑張ってきた宮川紗江のことを思い、選手ファーストの前提で思慮したからこそ出した結論だったのだと思います。

その速水コーチの気持ちを考え、池谷幸雄は号泣したのでしょう。

私も、残念でなりません。

日本体操協会の会長、他の理事のみなさんが、当たり前の事を当たり前に考えることのできる人たちであることを期待します。

 

 

Sponsored Link


まとめ

 

正直言葉になりません。

ボクシングの山根会長の問題もそうでしたが、被害を受けるのは全て夢を見て頑張っている選手たちです。

大人の事情で振り回される選手。

頑張って目が出てくれば忍び寄る魔の手のようですね。

体操女子強化本部長とは・・・欲の皮の突っ張っただけの人でいいのでしょうか・・・・

組織として然るべき自浄作用にて、今回の件のみならず、正しい組織運営をしていただきたいと思います。

東京オリンピックまで後2年を切っています。

こんな事をやっている場合ではないんじゃないかと思うのですが・・・

 

【告発などに関する他の記事】

 

 

Sponsored Link






Sponsored Link



あなたへのオススメ

関連記事  田中刑事(フィギュア)の名前の由来、読み方は何?台湾ハーフ?彼女は?
関連記事  北朝鮮がアメリカ会談前にミサイル発射と核実験を中止した理由!脅された?
関連記事  Hey! Say! JUMPの最新メンバーカラー!変わった理由は何?
関連記事  パンパシフィック水泳2018テレビ放送スケジュールと競技日程!
関連記事  小平奈緒がかわいいのはアシンメトリーな髪型のせい?彼氏と結婚予定は?

こちらも人気

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link