横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?4連敗の成績不振は厳しい?

 

2018年11月場所に唯一の横綱として出場した稀勢の里。

ファンの期待を一身に背負っていましたが、初日から4連敗し、5日目から休場となってしまいました。

その取り組みからは強さが感じられず、「このような成績では引退も止む無し」「とにかく弱い」と指摘するファンもいるようです。

果たして稀勢の里は初場所で復帰できるのか、それとも引退となってしまうのでしょうか?

 

 

稀勢の里、14年ぶりの日本出身横綱が誕生!

 

横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?4連敗の成績不振は厳しい?

 

稀勢の里が横綱に昇進したのは2017年のことでした。

この年の1月場所において、14勝1敗の成績で優勝。

当時日本人横綱がいなかったという背景もあり、横綱審議委員会は満場一致で稀勢の里の横綱昇進を決めたといいます。

これによって、2003年1月場所で引退した貴乃花光司(第65代横綱:貴乃花)以来、14年間途絶えていた日本人横綱が誕生しています。

この時、14年ぶりの日本人横綱が誕生したということで、メディアがこぞってとりあげ、多くの相撲ファンが沸いていましたよね。

それほど日本人横綱を待ちわびる人が多かったということなのでしょう。

 

 

横綱稀勢の里、4連敗の成績不振で休場

 

横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?4連敗の成績不振は厳しい?

 

横綱に昇進した稀勢の里は、翌場所でも優勝し、2連覇を果たしました。

当時抜群の強さを誇っていた白鵬に対抗できる存在として期待されたのですが、その後は怪我に泣かされ休場が続いています。

それは2018年に入ってからも同じで、15日間戦い抜いたのは9月場所のみとなっています。

その9月場所では10勝5敗とそこそこの成績だったのですが、続く11月場所では初日からまさかの4連敗を喫しました。

横綱が初日から4連敗するというのは、実に87年ぶりのことです。

そのため、「休場するのでは?」と指摘されていましたが、その予想通り、5日目から休場となってしました。

どうやら初日の取り組みで右膝を捻挫していたようなのですが、それを差し引いても弱いとしかいいようのない相撲になっていましたよね^^;

ちなみに、11月場所の休場により、稀勢の里の年間成績は、11勝14敗65休となっています。

 

 

Sponsored Link


横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?

 

横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?4連敗の成績不振は厳しい?

 

ここまで休場が続いたことで、ファンからは

「横綱としての相撲ができないのならば引退した方が良い」

「ケガがなければもっと頑張れたはずなのに・・・」

などといった指摘が出ています。

たしかに、稀勢の里が休場し始めたのは、2017年3月場所で左肩を負傷しつつも二場所連続優勝を達成した後からですよね。

その後は、「左足関節靱帯損傷」「左の上腕筋と大胸筋」そして今回の「右膝捻挫」と、とにかく怪我が多くなっています。

これだけ怪我が多いと満足な稽古もできないでしょうから、調整不足になるのも納得です。

ただし、稀勢の里に関しては、「そもそも横綱になるほど強かったのか?」「実はもともと弱いのではないか?」等といった指摘もでています。

というのも、稀勢の里は、幕内で2回しか優勝していないからです。

また、前述のように、日本人横綱の誕生が切望されていたという背景もありました。

これらから察するに、弱いとは言わないまでも、本来ならば大関どまりの力士だったのかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link


横綱稀勢の里、19年初場所は出場する?

 

横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?4連敗の成績不振は厳しい?

 

さて、11月場所を休場した横綱稀勢の里ですが、気になるのは「いつ復帰するのか?」という点だと思います。

休場の理由として提出された診断書によると、「右膝の捻挫で全治1ヶ月」なのだそうです。

完治してからの本格的な稽古となりますから、12月2日から始まる冬巡業には間に合わないと思われます。

となると、次は2019年の初場所となる訳ですが、、、

これまでの稀勢の里を思い返すと、怪我の回復が非常に遅いんですよね><

また、「引退しろ」との声も多くなってきていることから、怪我が完治しない状態で出場するのは、リスクが大きすぎる気がします。

横綱の休場自体が問題ではあるのですが、本人のことを考えると、2019年初場所は回避して、3月場所に再起をかけた方が良いかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link


横綱稀勢の里が引退か?の声に稀勢の里はどう対応する?

 

横綱稀勢の里が引退か?理由は弱いから?4連敗の成績不振は厳しい?

 

稀勢の里の復帰を待っているファンがいる一方で、2018年の全日程が終了した時点で引退を発表すべき、という声もあります。

11月場所の取り組み内容をみていると、そのような意見がでるのも仕方ないように思いますよね。。。

もっとも稀勢の里本人は、「今はしっかり痛めたところ(右ヒザ捻挫)を治してから、考えたいと思います」「このままでは終われない。チャンスをください」と語っており、もう一度土俵に立つことを目指しているようです。

もちろん、怪我が治れば出場することは可能だと思いますが、果たして横綱らしい相撲ができるのかが心配されます。

できることならば、これぞ横綱稀勢の里!と思えるような強い姿をもう一度みたいですよね。

 

 

まとめ

 

貴乃花が引退して以来、14年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里。

相撲ファンからの期待が集まっていましたが、現在では心配の声の方が多くなっています。

怪我のせいもあってか、横綱らしい相撲ができておらず、「ここまで弱い横綱は初めて」と言われてしまうこともしばしばあります。

2018年11月場所も休場してしまい、次に出場する際は進退をかけることになるのですが、引退の懸念を払拭するような強い相撲をみせてほしいですね。

 

Sponsored Link






Sponsored Link



あなたへのオススメ

関連記事  平昌オリンピック、スピードスケート競技のチームパシュートを解説!

関連記事  長濱ねるの性格が悪すぎ?性格いいという声も!炎上した理由は何?

関連記事  えなりかずきがテレビから消えた理由は韓国?現在は結婚してるの?

関連記事  平昌オリンピック、フィギュア日本代表!各国注目の男子羽生結弦!

関連記事  今泉佑唯が不仲なのは平手友梨奈?上村とねるも仲悪い?活動休止の理由?

 

こちらも人気

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link